債権回収の概要

「債権回収」という言葉について改めて理解しておきましょう。そもそも「債権」とは、「債権者が債務者に対して、一定の債務者が当然行うべき行為を求める事ができる権利」を言います。「当然行うべき行為」とは一般的に、「未払い代金の支払い」を指します。つまり債権回収とは、多くの場合に「債権者が債務者に対して、債務者が未払いである代金の支払いを求める事」を言うのです。

債権者が「こちらには債権があるんだぞ!」と主張するだけで債務者が支払いに応じてくれれば、世の債権者達は苦労しません。しかし多くの場合に、債務者は「支払えません」を繰り返し、なかなか債権回収が終わらないのです。債権回収が長期間終わらないと、債権者は様々なリスクを負う事になります。債権回収が終わらない、という評判が出回れば、「あの会社は代金未払いでも大丈夫だ」と思われて他の債権が回収できないなどの悪循環に陥るのです。債権回収は速やかに完了しなければなりません。

債権回収を速やかに完了させるためには、やはり弁護士に依頼する事が重要です。弁護士は法的処理・問題解決の専門家ですから、迅速に的確な判断を下し、債権者を助けてくれるのです。債権回収を弁護士に依頼する場合、費用として債権額の一定割合を弁護士に支払う事になります。債権者としてそこに懸念を示すかも知れませんが、速やかな債権回収のための「必要経費」として、割り切りましょう。とにかく速やかに債権回収を終わらせるのです。